いまはサーフトローリングがメインで

投げ釣りをしておりませぬ。

角師が投げているところに、シロギスが居りませんから。

急深でまったく錘の着水音とか、青物がぐるぐる回っているところから水深がだいぶ違うというのなら、話は別ですが。

相模湾で、そこまで急深の箇所はありませんから。

角師が大勢居たら、その時はサーフトローリング。

角師が全然居らず、青物の気配もなかったら投げ釣り。

ようはそれだけ、シロギスというのは用心深いというか臆病というか。。。

また群れを探すのに、砂浜を歩かなければなりませんから。ヒラメ釣りと同じように。

この時期に、砂浜を歩き回るのは。。。たいへんきつい。

ということで、

暑さから逃れるために、サーフトローリングがメインになっております。

コメントを残す