やはり飛ぶんですね。

海底から拾ったトップガン

週末釣行前に購入したラムダ天秤

こういう形って、飛ぶんですね。

やはり空気抵抗というのも多少なりとも関係してくるのかと。

あとはラインを0.8号のPEにでもして、並継の33号あたりにでもすれば、7〜8色はいきそう。。。

でも。。。これからの季節はそんなに遠投する必要もないかなぁ。。。

ただし、この錘、弓角をやるにはちょっと厳しいかなぁと。

もろに表層をターゲットとした場合、いくら羽を付けて浮上率を上げても、逆に早巻きすぎて青物が追いつかない。

この天秤から、ジェットに変えたらかかりましたから、早すぎたんだろうなぁ。。。と。

地元の角師はかなりトップガンとかラムダ天秤を使用しているみたいに見えましたが、自分の腕では無理。

コメントを残す